[LCC超裏技]ピーチやジェットスターなどの受託手荷物を安く乗せる方法!




どーもこうへいです!

今回は、ピーチやジェットスターなどのLCCで受託手荷物を安く乗せる方法を発見したので書いていこうと思います!

自分が知らなかっただけで、みなさんは知っているかもしれないので

知っていたら、『それ常識!』とコメント下さい!

受託手荷物を安く乗せる方法

ピーチやジェットスターなどのLCCの受託手荷物を安く乗せる方法はズバリ!

一番安いプランにオプションで受託手荷物を付ける方法です!

私は今まで、LCCで重いキャリーバッグを持って旅行に行く時は、

プランを1つ上の受託手荷物無料のプランを選択していました。

いつも『受託手荷物でこんなに値段変わるのかー….』と思っていて

ある時、一番安いプランにオプションで受託手荷物をプラスしてみたらどうなるのか検証してみたら、

なんと、受託手荷物無料プランよりも安くなったのです!

ピーチとジェットスターのプランを比較してみましたが、どちらとも一番安いプランにオプションで受託手荷物をつけた方が安くなりました。

LCC全社に共通してるのではないかと思われます。

関西国際空港⇒香港のパターンで見ていきます

この日の場合は、シンプルピーチとバリューピーチの値段の差が4100円あります

関西国際空港⇒香港の区間のシンプルピーチの場合、

オプションで受託手荷物が+3200円で追加することができます。

(区間によって受託手荷物の値段が違います。)

シンプルピーチで受託手荷物を追加した料金が、18060円になりました。

そしてバリューピーチで予約した時の料金が18960円です。

このやり方をすると900円安く予約できます!

ちょっと安く予約できますが、デメリットも…

ピーチの場合です。

このやり方をすると、バリューピーチについてくる特典が受けれません。

デメリット

  • フライト変更手数料が有料
  • フライトキャンセル時の払い戻し不可(払い戻されてもピーチポイント)
  • 座席指定にお金がかかる。

座席指定はそこまで高くないので、上2つがデメリットですかね。

こんな人におすすめ!

  • 受託手荷物があって、席がどこでもよくて、行く日程も確実で、とにかく安く行きたい人

におすすめです!!

最後に

区間によっても、オプションの受託手荷物料金が変わってきますが、1000円ぐらいはお得に乗れると思います!

国内線などは、飛行機に乗っている時間が短いので、一番このやり方が向いているかもしれませんね!