今すぐ使える船雑学 風が吹く向きを意識するだけで、台風の位置がわかる?!編




みなさん、

台風が日本に接近してきている時に、どっちの方角からきているかわかりますか?

絶対ニュースを見ないと分からないですよね?

もしニュースを見たとしても、方角が分からないと思うので、多分見当がつかないですよね!

でもこの法則を使えば、方角が分からなくても、台風がどっちから来ているか分かってしまいます!!

その法則は、ボイスバロットの法則といいます。

クリストフ・ボイス・バロットという人が発見した法則です!


クリストフ・ボイス・バロット について

1817年〜1890年 ネーデルラント連合王国

研究分野  気象学

ボイスバロットの法則につて

ボイスバロットの法則とは、「風の吹いてくる方向を背にして立った時、北半球では左手前方の方向に低気圧の中心があり、南半球では右手前方に低気圧の中心がある」というものです。

昔から航海などに使われてきました。

街中などでは、風の方向はあてにならないので、何もない所でやる事をおススメします!

海らへんしかやる所はないと思いますが….



最後に

船乗りの人は聞いた事あるとおもいますが、陸上で生活している人は、ほぼ聞いた事ないと思います!

台風シーズンはまだまだですが、台風が来た際には、是非やってみて下さいね!!