姉妹のコンプレックス解決法 【美人な妹に嫉妬した私の過去】【体験談】




今回は私が長年悩んでいた姉妹コンプレックスを断ち切ることに成功した体験談を書きたいと思います。

ちなみに、これを解決できたのはほんのついこの間です。

姉妹コンプレックスで喧嘩

私には2人の妹がいますが、この記事では二番目の妹(2個下)とのことについて書きます。3番目の妹は7個差だからかずっと平穏な関係を保っています!

妹のほうがかわいい事件

つい先日、有村架純のお姉さまが整形したことを発表していました。

自分にようやく自信が出てきてよかったといっていましたが、私はお姉さまをテレビで見るのが少し嫌でした。

それはなぜか…

自分と重なるからです。

科学的証明はありませんが、私は姉妹だったら妹のほうが可愛くなる説を信じています。遺伝子が改良されているのかな…と密に思っています。わかる人はぜひ教えてください。

私は身長が158㎝と、ザ・平均なのに比べて、妹は168㎝と身長が高いです。

高校生で抜かされたのならまだしも、私は小学校5年生で完全に抜かされました。

しかし、体重は私の方がだいぶ重い…筋肉質の私と細くて綺麗な足の妹。

そんな私達を見て、妹さん足長いわね〜〜お、お姉さんもな、長いわね〜…

などと、嘘なのがバレバレ、これがまた私を傷つけました。

コンプレックスで傷ついた心

今となってはこんなこと言われて傷ついたんだなと理解できますが、当時はただただ嫌だ!と思っていました。

その時に”私は私よ!”と思える強い気待ちがあればよかったのですが、私の気持ちはもうすでに弱っていました。

何を言われても前向きに考えられず、”どうせだめなんだ”

と思うようになりました。

また、”人と比べて自分はどうなのか”

を真っ先に考えるようになりました。人からの評価がないと、自分を自分で認めることができないからです。

こんな風に考えてしまう習慣は完治していません。何年も蓄積されていった傷は、すぐには治らないものです。

こんな考え方は嫌!でもどうやって対処したらいいかわからない…

教習所に免許を取りに行った時に、発病しました。車なんて絶対運転できない!の一点張りで私はなかなか一歩を踏み出せませんでした。いくらできるできると心の中で唱えていても、やはり”できなかったらまた誰かを失望させてしまう”と思いました。長女の傾向でしょうか。

せめていいところを見せて、得体も知れない何かに勝つために私は頑張って免許を取ることを決意しました。

しかし、脳裏にまず浮かんでくるのが、”できなかったらどうしよう”

という気持ちです。なかなか手を出せないのです。

人間は結局楽な方、自分が傷つかない方を選んでしまいます。

しかし、私のような人は一生このままでは嫌!と心の中で思っているはずなんです。私はその心の奥の気持ちを掘り出して、なんとか免許取得まで至りました。

このように、どうせだめなんだ、できなかったらどうしよう、などとすぐ考えてしまう方は、その自分に打ち勝つことが必要です。

どうやったら自分に自信が生まれる?

自分一人でこの考え方を脱却するのは簡単ではありません。

私は無理で、成人しても昔のままでした。

そこで信用できる第三者の存在が必要だと思います。私にはこのブログのホームを見てわかる通り、婚約者の彼がいます。

彼は私と正反対で、自分を持っていて、すごく楽観的です。

彼にやってもらったことは以下の通りです。

  • とにかく褒めてもらう
  • 私なんてどうせ…といった時にすぐ”あかんで”と叱ってもらう
  • 第三者の意見を聞く
  • 第三者の彼、彼女、だったらどうするか聞く

また自分でやってみることも必要です。

  • やばいと思ったら、冷静になるように心がける
  • 人の気持ちを考えて行動する

です。意外と簡単!のように見えて、難しいんです。

でも、これらの方法を意識して頑張っていれば、いつしか悪い方向に考えなくなっていくと思います。私もとにかく踏みとどまって、彼の話を聞きました。

自分の強みや趣味を作ろう!

どうせどうせといっていては永遠に同じことの繰り返しです。

自分が一歩踏み出していれば得られた特技や趣味をも台無しにしてしまいます。

”自分の可能性をゼロにしている”

と思います。

そこで、自分が得意なことを作ります!

どんなことでもいいので今、自分が人より少しできて、好きなことはありますか?私は昔まで、ないないといっていたのですが、よくよく考えてみるとありました。

それは文を書いたり読んだりすることです。

今まで何も趣味がないと思っていたのですが、彼が教えてくれました。”ショーコは俺よりはるかに文章力あるし、発信してみたら?”

これがきっかけで、今こうしてブログを書いているのですが…笑

やっぱり趣味を見つけられても今まで通り悩んでしまうときもあるし、辛いときもあります。でも、こうやって自分と同じ境遇の人に役たてれば嬉しいなと思って書くのはマイナスに考えることがなくなって楽になれます。

最後に

今まで私の体験談をもとに書いてきましたが、もっと深い悩みがあったりそうでなかったりいろんな人がいると思います。

誰かの参考になっていれば、光栄です。

姉妹コンプレックスから生まれた私の性格はほぼ治りました!だから、みんなも頑張ってください!!

以上、ショーコでした。読んでくださり、ありがとうございました。